三軒茶屋校の取り組み | 東進ハイスクール三軒茶屋校|東京都

ブログ

2018年 1月 28日 三軒茶屋校の取り組み

こんにちは!担任助手の座光寺です。

 

今日は三軒茶屋校の行っている2つの取り組みについて話したいと思います。

 

1つ目は写真にもある「マスター部屋」というものです。

東進には高速基礎マスターというコンテンツがあり,特に英語の単語・熟語・文法を中心とするものです。

英語の学習には上にあげた3つの要素が欠かせません。単語を覚え,単語の集合である熟語を覚え,この2つを用いて英文法を理解し,暗記する。。。

これによって初めて英語の長文が読めるようになります。

そこで,基礎の早期完修を目標に掲げ,三軒茶屋校では高速基礎マスターを進める専用の部屋,「マスター部屋」を設けています。

毎日生徒がそこに入り,貸し出しのipadを中心にマスターを進めています。

英語の基礎をできるだけ早く固めるため,制限時間を決めるなどしてマスター部屋を効果的に使ってほしいです。

 

2つ目は「三茶桜」というものです。

このブログでも何回か登場していますが,桜の木を模した大きな紙に,1日自分の学習の進度に合わせて決まった枚数の桜の花を貼っていくというものです。

これは早くたくさん桜の花を貼り,桜を満開にすることで受験生を応援しようという目的と,自分の1日の学習量を可視化しようという目的があります。

最近ではみんなの頑張りによって,貼るスペースがないほど桜の花が増えてきました。

 

受験生も低学年の生徒も努力量をふやしてほしいです。

三軒茶屋校の2つの取り組みはあくまで補助なので,今から全力で頑張りましょう!