緊張をほぐしたいときは呼吸に意識を集中させるといいそうです | 東進ハイスクール三軒茶屋校|東京都

ブログ

2017年 8月 27日 緊張をほぐしたいときは呼吸に意識を集中させるといいそうです

こんにちは。1年担任助手の柴田です。ここ2週間近く,行く先々で全部雨です。おかしいですね,,,

 

さて,東進生の皆さん。今日は第4回センター試験本番レベル模試ですね。受験生にとっては夏の最後の集大成になります。

たぶんこのブログを見るころには自己採点も済んでいるのではないでしょうか。

 

 

今回の模試の結果は3パターンに分かれてくると思います。

1つめは夏休み以前から勉強を重ねていて夏の頑張りで一気に成績が伸びる人。このパターンの人はその努力が夏休みまでで終わらないようにしてください。実際私はこのパターンで,夏休みが終わってから一時期あまり勉強に集中できない時期がありました。ただでさえセンターまで時間がないのにそんなんで時間を使っていてはもったいない!!

2つめは夏休みから本腰入れて勉強を始めたけれど,今回の模試で成績がイマイチ伸びなかった人。このパターンの人は心配することはありません。夏休みにインプットしたことが定着するまでには時間がかかります。夏休みにしっかり勉強できたと自信を持って言えるならば,あとは引き続き地道な努力を重ねるのみです。そうすれば成績は必ず伸びます!

3つ目は夏休みにあまり本気になって勉強することができず,今回の模試でも失敗してしまった人。このパターンの人は後悔してても仕方がない,今すぐ始めましょう。まずは日々の生活習慣から見直して,学校がある中でどのように受験勉強を組み込んでいくか考えて行動しましょう。

 

これまで3つのパターンに分けてお話ししましたが,どのパターンに当てはまる人にも言えるのが

結果を分析し,完璧に復習をすることです。

模試はいわばチューニングのようなものです。努力の指標として数値の大小,伸びに注目することも大事ですが,数字を見て分析し自分の勉強が正しいのかどうか見直すことが重要です。模試からはたくさんの情報を得ることができます。間違った方向のむやみな努力をしないためにも,自分のものにしていきましょう。