これからの季節に… | 東進ハイスクール三軒茶屋校|東京都

2017年 11月 27日 これからの季節に…

こんにちは!担任助手の池上です!

日も短くなり、冬本番という感じになってきました…

朝、布団から起き上がるのが辛い時期です…。

そんな寝起きが辛い人のために寝起きが良くなる方法をお話ししたいと思います!

起床のしやすい・しにくいは睡眠中に深い眠りにつけたかどうかに左右されます。

深い眠りに早い段階で就くことで起床時に身体が十分な休息を取ったと認識するので寝起きがよくなります。

そのため、睡眠時にいかに早い段階で深い眠りにつき、安定させるかが寝起きの関わってきます。

なので効果的に深い眠りにつき、安定させるかを紹介したいと思います!

 

第一に気を付けるべきが寝る前の飲食です。

寝る前に油の多い食事や水分を取りすぎてしまうと睡眠中に消化活動を激しく行ってしまうために深い眠りに付けないそうです。

そのため、寝る前の食事は可能な限り避けて、ある一定時間おいてから寝るようにするといいそうです。また、水分の場合は寝る前に飲んでも構わないのですが多く取りすぎず、コップ一杯程度にとどめるといいそうです。

 

第二に注意した方がいいのは寝る前のスマートフォン等電子機器です。

寝る前にスマホ等の電子機器を扱うと、眠りを安定させるホルモンが抑制されて、眠気を覚ましてしまいます。

そうなると仮に寝られたとしても睡眠が安定せず、深い眠りに入れなくなってしまいます。

そのため、眠る前のスマートフォン等の電子機器を扱うことは可能な限り避けた方がいいそうです。

 

第三に寝起きをよくする方法は寝る前のストレッチです。

血の流れが悪い状態で睡眠に入ると、体温の調整が難しく、寒さのために眠りが安定しないことがあるそうです。

眠る前のストレッチは血流をよくするので体温調整がうまくできるようになり、深い眠りにつくことができるので寝起きが良くなるそうです。

 

以上のことを実践してつらい冬を乗り切りましょう!