二次試験について ~石塚ver~ | 東進ハイスクール三軒茶屋校|東京都

ブログ

2019年 2月 9日 二次試験について ~石塚ver~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!担任助手1年の石塚です。今日は雪が降るかもしれませんね。幼い頃は素直に喜んだものですが、交通機関への影響など考えるとなかなか喜べなくなってしまいました。

さて、受験もいよいよ大詰めとなってきました。ということで本日は二次試験についてお話ししたいと思います。とはいっても、二次試験というと、国立大学の試験だけのお話しになってしまいますので、私大の入試も含めてお話したいと思います。

この時期になると、連日の試験に直面している受験生も多くいるのではないでしょうか。私は、『受験は楽しむものだ!』をモットーに取組んでいたのですが、それでも気付かぬうちに疲労が溜まっていきました。

また、試験期間中に他校の結果が発表されることも多々あり、精神的疲労は絶えません。

私は、

①試験から帰ってきた日も必ず東進に来る。

②だからといって無闇に自己採点をしない。

③自信がある合格発表は見てしまう。

ことを決めていました。

①に関しては、私は英語の音読を毎日することをなにより重要視しており、また家でやるより音読室でやったほうが集中できることが分かっていたので、東進には毎日来るようにしました。次の日また試験がある日は、19時頃には帰るようにし、体調管理を心がけました。

②については、東進に来るのはあくまで次の入試のためであり、受けた試験については引きずらないよう気を付けました。日本史など知識科目の苦手範囲がでた場合は除き、できるだけ以前の入試は忘れてしまったほうが次につながります。

最後に、③については、1つでも合格があり、自分の居場所があるというのは、大きな自信につながります。私はセンター利用が取れている自信があったので、すぐに確認しました。

ただ、合格があると気が抜けてしまったり、また、不合格でショックを引きずってしまったりと、結果の確認はかなり注意が必要です。

自分のメンタルとよく相談して、自分がベストを出せる状況に持っていけるよう心がけましょう!!

応援しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事