ブログ | 東進ハイスクール三軒茶屋校|東京都

ブログ 

2018年 8月 15日 夏休みは基礎を固める最後のチャンス!

慶應義塾大学法学部の湯淺です。個人的には自分を高めることができている有意義な夏休みを過ごせていて満足しています。自分が思い描いていた理想的な大学生の夏休みとはかけ離れていて少し悲しいですが,将来の夢に向かって努力できているので楽しいです。

ところで!甲子園で大学付属の塾高が負けてしまって悲しんでいます。球児たちも幼少期から基礎を積み重ねてきて甲子園という夢舞台を追って努力してきたことと思います。それでも最終的に笑って終わることができるのは一校,わずか二十人足らずです。

受験もそれと同じです。小学校の時から,基礎から積み上げてきたものが今の学力に結びついています。基礎は次のステップに踏み出すために不可欠なものです!受験生は基礎を固めなければ難関大学(特に国立大学)の問題に立ち向かうことはできません。夏にセンター演習などの基本問題の反復を行うことでこれからの半年の学力の伸びが期待できます。低学年もこれからの半年間でいかに基礎を固めることができるかが大学受験の結果に影響を及ぼします。甲子園と同じく受験でも本心の第一志望に受かる生徒はわずかです。後悔しないように(後悔しても糧にできるように)今を全力で生き抜いていきましょう!

まとまった時間がある夏休みは基本に立ち返ってそれを固めることができる貴重な期間です。受験生はもちろんですが,低学年も課外活動と両立させながら基本を中心とした勉学に励んでいきましょう!

2018年 8月 14日 受験における夏休みの重要性

こんにちは!東進ハイスクール三軒茶屋校の城戸です!

もうすでに夏休みの半分が過ぎましたが皆さんはちゃんと勉強できていますか?

夏は受験の天王山」と言われているように、受験生にとって夏とは志望校の合否を決める重要な時期となってます。

というのも、夏休みは自由に使える時間が多く、自分の足りない部分の勉強に時間を割くことができるからです。

早起きは三文の徳ということわざがあります。いつもより毎日1時間早く起きて勉強することで1か月で30時間も多く勉強することができます。そして!東進三軒茶屋校の夏休み期間は朝7時から開いています。ライバル達と差をつけたい人は朝早く起きて、7時から東進で勉強をして充実した夏休みを送りましょう!

2018年 8月 13日 夏休み前半を振り返って

 

こんにちは!境です!

 

8月13日になりました…夏休みも半分を過ぎようとしています…
皆さんは納得のいく日々を送れていますか?

 

ここから受験本番までは長いようで短いです。あっという間に過ぎてしまうような感覚だと思います。だからこそ1日1時間1分を大切にしていってほしいです。

 

ただ,注意して欲しいのが「完璧を求めない」ということです。
もちろん完璧にするに越したことはないですが,受験本番やりたいことを全て終えてくる受験生はほぼいません。みんな何らか「これやりたかったけどできなかったなあ…」「あれやってないなあ,間に合わなかったなあ…」と思いながら受験するのです。

 

大切なのは,残された時間の中で自分の足りないものを見つけ出し,点数を最大値まで上げることです
そのためには,一つの分野,一つの科目を完璧にしている時間はありません。
全体値をあげることを目標にしてください。

 

受験で求められるのは一つの分野を極めた人間ではありません。すべての分野がある程度できる人間です。

 

自分が目指すものを明確にして,一度スケジュールを振り返ってください。
残りの夏休み,充実したものにしましょう!

 

2018年 8月 12日 夏休みもあと半分…!!

こんにちは!担任助手1年の平野です。

 

ついこの間まで,サークルの合宿に一週間程行っていました。そして少し焼けてしまったようです…。

 

 

さて,夏休みも半分を切りました。皆さん,モチベーションは維持出来ていますか?

モチベーションが維持出来ない時に第一志望のオープンキャンパスに行くと良いと思います。私は高3の時,1つもオープンキャンパスに訪れませんでした。

 

実際2月に入試で大学に行った時,「やっぱりこの大学に行きたいなぁ」と強く思えました。

 

だから,最低でも第一志望のオープンキャンパスには行くべきだと思います。

 

でも,大学の本来の雰囲気を味わいたいなら,オープンキャンパスに行くより普段大学が授業のある日にふらっと訪れるのが良いと思います。

 

私の通っている青山学院大学のオープンキャンパスは終わってしまいましたが,早稲田大学所沢キャンパスや立教大学新座キャンパス等はこれからみたいなので興味のある人はぜひい一度行ってみてください!

2018年 8月 11日 オープンキャンパスに行く意味

こんにちは担任助手二年の松木です!

今日はオープンキャンパスに行く意味を書きたいと思います。

みなさんはオープンキャンパスに行ったことはありますか?

 

私は高校2年生の時にオープンキャンパスに行ってレポートを書くという夏休みの宿題があり,いろいろな大学のオープンキャンパスに行きました。

 

オープンキャンパスでは,校舎を見たり,模擬講義を受けたりしました。また,実際に通っている大学生とも話すことができました。

 

オープンキャンパスに行くことで大学の雰囲気がわかり,自分が行きたい大学を見つけることができます!

受験生はもう行く時間がないと思っている人もいるかもしれません。しかし,第一志望の大学のオープンキャンパスには行くべきだと思います。

朝から晩まで勉強していて疲れてきている頃に第一志望を見に行くことによってその大学へのモチベーションが上がるはずです!

 

是非オープンキャンパスに行ってみてください!