過去問演習講座 | 東進ハイスクール三軒茶屋校|東京都

ブログ

2018年 11月 3日 過去問演習講座

皆さんこんにちは。担任助手1年の鈴木祐太郎です。

季節は冬に移り変わろうとしているころですが,

勉強の調子はいかがでしょうか。

本日は自分の経験から過去問演習講座を進めていくうえで

気を付けるべきことなどを話していきたいと思います。

過去問を進めていくうえで大切なことは計画通り進めていくことです。

これは自分の失敗談になるんですが,

私は過去問を計画的に進めていませんでした。

自分のやりたい時にやろうと考えていたのですが

結果的には5年分ぐらいしか解くことができず

中途半端に終わってしまいました。

過去問を解き始めて思ったことは時間がかかるということです。

過去問は解くのに時間がかかるだけでなく,解いた後の疲労などもあって

次の問題をすぐに解く気にはならなかったり,

復習をしないといけなかったりで,自分の場合1年分を解くのに

1週間以上はかかっていました。

だからこそ早いうちから計画を立てて

余裕を持って進めていくことが大事です。

過去問は多く解ければその分大学の傾向をより知れることになるので

アドバンテージになります。

でも,ただ解くだけでは身につかないので

復習の方もしっかりしていきましょう。