受験生は試験本番!低学年は定期テストと受験勉強の両立を!! | 東進ハイスクール三軒茶屋校|東京都

ブログ

2019年 2月 18日 受験生は試験本番!低学年は定期テストと受験勉強の両立を!!

 

こんにちは!!担任助手2年の座光寺です!!

 

平成が終わるまであと残り約2か月半、受験生はあと1か月もすればほぼ受験が終わってしまいますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

2年前、寒さが本格的に体を冷やすこの時期に、受験会場に向かっていたことを自分も思い出します。。。

 

受験生の皆さんは、不安で勉強に集中できない時間も出てきてしまいますが、そんな時でもじっくり机に向かい勉強を続けてください。

勉強をしている限り、少しづつでも前進しているので、焦らず今までやってきたことをもう一度見つめなおしてみてください。

 

さて、受験生は受験本番真っ只中、低学年の皆さんはそろそろ定期テストが近づいてくる時期ですが、どちらにも「勉強のルーティンを作る」ということを頭に置いてほしいです。

 

ルーティンとは毎回必ず決まってする動作や行動のことを言いますが、それを「単語帳を〇ページ見直してから勉強に入る」、「音読を〇分してからその日の勉強を開始する」など、是非勉強でも実践してみてください。

 

固定化したルーティンを作るメリットとしては、集中がなかなかできない時や勉強のやる気が出ないとき、その行動をきっかけになんとしてでも勉強モードに引き込むことが可能になります。

 

特に低学年のテスト前という今の時期は、受験勉強から気が離れがちで、直前期になってあの時もっとやっていれば、、、と後悔する子も少なくありません。

 

ですので今のうちから自分をコントロールする術を身に付け、受験モードに切り替えて良いスタートを切りましょう!!